2008/12/28

レイトショウ

家から電車で15分、とわりかし近くに
おっきな映画館ができたので
気になってた映画『ウオーリー』を見に行きました。

いいですな、ウオーリー。
萌~という感覚がわきおこりました。
手塚治虫のロビタとか、R2-D2とか
古臭い気なロボットは好きです。
アシモは滑らかすぎてヤだす。

今までピクサーのアニメの人物の質感が
きれすぎるというか、もち肌すぎるというか、
どうにも生理的に苦手だったのですが
今回はロボットがメインとあって、なめらかすぎてもよしよし。
自分の中の質感問題はクリア!
水風船的な質感のきしょわるい人物達も
ちょいちょいでていましたが、
まあ、メインではないので、よしよし。

ウォーリーのこ汚さも
顔手足がきちんとしまわれて箱状態になるところ。
おさまるべきところにおさまってる感が
気持ちよろしいと思いました。
他のロボットの動きもなかなか。
言葉を用いないで
動きと表情で感情を表現してるのも巧みです。

スープのさめない距離といいますか、
興奮のさめやらぬ距離に映画館があるってすばらしい。
レイトショーも余裕で見れるしねぇ。
スポンサーサイト



2008/12/25

ある意味戦場の

メリークリスマス。

の、花屋バイト。

男性はお決まりのように
赤バラの花束を買い求めるのだな。

一ヵ月前からのクリスマスソング
クリスマスカラーの花、ポインセチアにシクラメン。
そしてついにはしめ縄。門松。松に梅。
時は年末、戦国時代。(花屋にとって)
恋人たちや縁起物、はてまた死者のため、
働きまくりますよよよ。

てなことはおいておいておいて

12.25-1.13
雑貨屋さん「ART HOUSEさん」
http://www.art-house.info
にて
「Cow Come on Cow 展」に参加しております。
オリジナルの牛のブロンズ像があつまります。

牛のブロンズて気になるわ~となった方はぜひ!
いろんなすばらしい作家さんが
必死でパンストとスプーンでみがいたであろうブロンズ像、
私はすごく気になります。
2008/12/23

来年のことを言ったらなぜ鬼は笑うのだろう

鬼の爆笑ポイントがぜひ知りたい。
そして
自分とすこしの人にしかわからない日記(短歌調)


ブロンズの
パンストでみがく
牛の像


詳細はまた今度ね。
2008/12/19

アイムファインセンキュー

のんびり。のんびり。
すっかりおそくなってしまいました。

カフェ・MU(ミュー)さんでの展示
「ハワユウ」無事終了いたしましたー

スタッフのみなさま、見に来ていただきましたみなさま
本当にありがとうございました!!


081218.jpg