2009/09/18

テイクアウト!プリーズ!!

なんの神様のしわざなのか。

私の日常において
決してありがたくない
ちいさなドッキリがそこかしこに仕掛けられております。
今日はそのお話。


私の家でG(これ以上は言いたくない、黒いでかいテカッている虫のこと)
を見かけることがあったので、ホウ酸団子を置いてみたのです。

すると、効果バツグン!

・・・はいいのですが、

流しの水を張った洗い桶の真ん中で死亡。
廊下の踏みやすいところで死亡。
洗面所のせっけんの横で死亡。

と、いやがらせとしか思えない場所で
あいつ等は火サスばりの凄惨な屍をさらすのでした。

もちろん、ヤツらの思わくどおり
死体処理には大変なダメージを伴います。


ということで、

置いておくと、巣に持ち帰って、
ヒッソリ、コッソリ亡くなってくれる、という
薬剤に変えてみたのです。


すると、、数日後、、、


その薬剤の真横で

Gはひっくりかえって亡くなっていました。


も  ち  か  え  れ  よ !!!!!!



つづきまして、今日のドッキリは


夜ごはんに作った、豚のしょうが焼
出来あがった瞬間に
どういう現象なのか、なにが起こったのか
あまりの出来事に記憶は消えておりますが

気が付いたら
フライパンが床にひっくりかえって落ちていて
豚のしょうが焼は見事、床のごはんとなったのでした。。。


私の夜ごはんは韓国のり、とおにぎり、とパンに。


いたずらに汚した、フライパンを洗う、悲しさ。


神様、もう、ゆるしてください。



さて、そんなこんなで

ねこのお店18日からはじまります。

ひなたHP

このサイトのTOPにした、若干ダークなねこさんやらの
ミニカード3種類と、布描き絵の具&クレヨンを使って手描きした
ねこエコバックを納品しました。

スポンサーサイト



2009/09/13

ねこねこ幻想曲

ねこねこ幻想曲、幻想曲と書いてファンタジア。

昔、リボンでそういう漫画がありましたね。

「みかん絵日記」も「ふくふくふにゃーん」もよんでました。

「動物のお医者さん」のミケもいい味だしている。

そう、二次元でのふれあい?ばかりで
一緒に暮らしたことはありませんが、ねこ好きです。

はい、いったいぜんたい何を言いだしているのかというと

9・18-10・4、
なにかとお世話になりまくっているお店
「ひなた」さんにて
「猫のお店」という企画展に参加するのです。

あんまりたくさんではありませんが
ミニカードとエコバックと・・という感じです。

ねむいので、くわしくはまた、です。ムニャー
2009/09/11

キュウ

権利の関係やらなんやかんやらで
刊行されていなかった

「オバケのQ太郎」が不二子・F・不二雄大全集として
続々発刊されることとなりました。やったね!

ドラえもんよりもQちゃんのが好きです。

彼のうらめしくないところ、ごはんをよく食べるところ
まったく役に立たないところ、おおらかなカタチ・・・。

これからはその麗しい姿を思う存分見ることができるのです!すばらしい!

ちなみに
Qちゃんは最初のころ、毛が8-10本あります。

現生の荒波にもまれて、抜け落ちていったんですね・・・
2009/09/09

ポムネンカ

先日、チェコアニメ映画
イジー・バルタ『屋根裏のポムネンカ』
を見ました。

けっして可愛くない主人公、
こ汚いセット、バカドール的な悪者の手下、
手抜きすぎる脇役、意味を考えてはいけない展開、
などなど

私の心をがっちりロックオン!!
ノンストップ、ニヤニヤ。
アホほどおもしろかったです。

それに味をしめて、シネ・ヌーヴォで公開中の
「イジー・バルタ短編集」も見てきました。

やはり、おもしろかったです。

発想に対するおもしろさ。
つくりに感心する、おもしろさ。

いろいろなおもしろさ、が内包されていましたが

とくに「見捨てられたクラブ」というタイトルの短編。

これは悪ふざけ的なおもしろさ、で

ギャヒーとさけんで
机をバッシバッシ叩いてしまいたいほど、
衝撃的なおもしろさでした。

これ、つくるんものすごく楽しかっただろうなあ。
夜中にニヤニヤしながら作ったに違いない。


屋根裏のポムネンカ

2009/09/08

警告自転車

また、間があいてしまいました。

前回の日記で書きましたダブルパンクのおはなしは

その後の出来事の前ふりであったわけです。

と、いうのも

ダブルパンクから一週間後、

プリンプリンのタイヤの自転車に乗って仕事にむかってる途中

まんまと軽トラとぶつかって

自転車はスクラップ、

私は幸いにも、大けがはしなかったんですが

足をうったり、すりむいたりで

しばらくの間動きにくい状態になったわけです。

二度のタイヤのパンクはなんかの警告やった、

というわけだったんですねー。おそらく。

自転車の決死の警告。うーん。わからなかった。。

寺の真ん前でひかれたので

打ちどころが悪かったら、寺に直送でした。


と、いうことで、ほぼ病院通い、

という暗い夏をすごしてしまい、

やっと良くなったことだし

秋からちょっと動きだしたいなと。


memoもできるだけ更新したい!というところです。